海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

伝承料理研究家:奥村彪生のプロフィール・レシピ紹介!

time 2017/06/28

伝承料理研究家:奥村彪生のプロフィール・レシピ紹介!
Pocket

2017年6月28日に放映される「きょうの料理 谷原章介のTimeless Kitchen「ぬか漬け」」に伝承料理研究家「奥村彪生」さんが出演されます。

伝承料理とは、「食と農の応援団」によると

縄文時代から今日まで日本人は何をどう食べてきたか。そして外来の食文化をどう選択し、受容→変容→定着→昇華(進化)させてきたかを研究すること

だそうです。

過去から今までの食の変移…なんともロマンあふれますね。

そこで今回は伝承料理研究家「奥村彪生」さんのプロフィールとレシピをご紹介します。

伝承料理研究家「奥村彪生」さんのプロフィール

画像:奥村彪生さん(出典元: 全調協食育フェスタ )

名前:奥村彪生(おくむら あやお)

生年月日:、1937年10月12日

出身地:和歌山県

職業:伝承料理研究家・食文化研究家

 

奥村さんは日本で唯一の伝承料理研究家です。

親戚や兄弟が総菜屋を営んでいたこともあり、土井勝料理学校に入りました。

卒業後そのまま25年間もの間、職員を勤めあげたそうです。

関連記事→料理研究家:土井善晴のレシピ紹介!経歴等のプロフィールや家族も調査してみた

料理学校勤務中に民俗学に興味を持ち、近畿民族学会にはいり、民俗学を学んでいく間に食文化研究者の篠田統(おさむ)さんと出会います。

そこで、『古典に当たれ。必ず現地に足を運べ』と教えられたことから、伝統料理研究家への道を歩み始めたそうです。

出演作品:毎日放送『あまからアベニュー』・関西テレビ『今晩なに食べたい?』・関西テレビ『ハイ!土曜日です』・NHK『きょうの料理』など

伝承料理研究家「奥村彪生」さんのレシピ

 

今回はみんなのきょうの料理から一品レシピをご紹介します。

『豚肉のしょうが焼き 』のレシピ

画像:豚肉のしょうが焼き(出典元:きょうの料理)

<材料>(1人前)

豚肩ロース肉 (しょうが焼き用) 3枚(100g)

トマト              2分の1

レタス              5分の1

☆しょうゆ            大さじ2

☆はちみつ            大さじ2

☆酒               大さじ3

☆おろししょうが         小さじ1

こしょう             少々

かたくり粉           大さじ1と少し

サラダ油            大さじ1

<作り方>

①トマトのヘタをとり、くし切りにする。

レタスを千切りに冷水で冷やす。

②豚肉に片栗粉は絡め、余分な粉をはたく。

*かたくり粉をまぶすと、肉のうまみが逃げずに美味しく出来上がる。

③フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を強火で焼く。

焼き終えたら火を止め、紙タオルでフライパンの余分な油をふき取り、☆を加え、中火でひと煮立ちさせる。

④皿にトマト・レタス・豚肉を盛り、③でひと煮立ちさせた☆をかけて完成。

 

コクと香りが美味しく、ご飯が何倍でも進んでしまう1品です。

調理時間も短く、お子様のご飯にピッタリ!

 

sponsored link

まとめ

 

以上で伝承料理研究家「奥村彪生」さんのプロフィールとレシピをご紹介しました。

日本唯一の伝統料理研究家である奥村さん…。

今後も様々な伝統を研究し、我々に素敵なレシピを教えていってくれることでしょう^^

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




当ブログについて

カテゴリー

ブログ作成者

海斗

海斗

2016年の末頃からブログ開設。 お仕事しつつのんびり書きたいことを書いています。



sponsored link