海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

【青空レストラン】片山商店の生麹のお取り寄せ方法!甘酒・塩麹の作り方も

time 2017/12/01

【青空レストラン】片山商店の生麹のお取り寄せ方法!甘酒・塩麹の作り方も
Pocket

2017年12月2日に放映される「満天☆青空レストラン日本の食を支える…生麹特集!甘酒&塩麹ロールキャベツ」にて片山商店の「生麹」が紹介されます。

片山商店の生麹は新潟県産コシヒカリ100%を使用した良質なものだそうですよ。

生麹からは塩麴や甘酒が作れるんですよ。

塩麴はいろんな料理に使えますし、甘酒もこれ蚊の寒い季節にはぴったりですね。

そこで今回は片山商店の「生麹」のお取り寄せ方法と生麹からの甘酒・塩麴の作り方をご紹介します。

青空レストランで紹介:片山商店の「生麹」のお取り寄せ方法

 

こちらの生麹は「五つ星お米マイスター」である片山商店の店主である片山さん自らが厳選した新潟県産こしひかり100%を使用しています。

美味しいお米から作られた生麹…美味しいに決まってますよね。

ネットで簡単にお取り寄せが可能ですよ。

でも人気が出るとどちらか、もしくは両方で売り切れてしまう可能性も…。

甘酒の作り方~炊飯器で簡単に~

画像:甘酒(出典元:楽天市場)

材料

生麹   400g

お米   2合

水    800cc

作り方

①炊飯器にお米とお水と投入し、スイッチを押しておかゆを作ります。

②温度が65℃くらいになるまで冷まします。

③おかゆの温度が下がったらほぐした生麹手早く混ぜます。

④おかゆがトロトロになるまで7~8時間炊飯器で保温します。

⑤最後に急冷したら完成です。

*保存は冷蔵庫もしくは冷凍庫で行いましょう

 

え?炊飯器を使うのが手間?そんな方は片山商店さんから販売されている甘酒もいいと思いますよ。

 

塩麴の作り方

 

材料

生麹   400g

塩    120g

水    400cc

作り方

①生麹をしっかりと手もみほぐします。

②もみほぐした生麹に塩を混ぜて握る様に混ぜます。

③混ぜ終わったら水を加えよくかき混ぜます。

④1日1回かき混ぜながら保存していきます。

(夏:一週間・冬:10日から二週間)

⑤上記の日程保存し、とろとろになったら完成です。

*保存は冷蔵庫もしくは冷凍庫で行いましょう

 

え?何日もかかるのが面倒?なら既に完成されている片山商店の「塩こうじ」がおすすめですよ

sponsored link

まとめ

 

以上で片山商店の「生麹」のお取り寄せ方法と生麹からの甘酒・塩麴の作り方をご紹介しました。

因みにお取り寄せは片山商店さんの公式HPからも可能なのでお好きなところからお取り寄せしてみてくださいね。

美味しいお米からできる麹は美味しいものです。

この寒い季節にピッタリの甘酒を飲みながら健康に過ごしたいものですね^^

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

当ブログについて

カテゴリー

ブログ作成者

海斗

海斗

2016年の末頃からブログ開設。 お仕事しつつのんびり書きたいことを書いています。



sponsored link