海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

料理研究家:塩田ノアのレシピ紹介!経歴や家族についても調査してみた

time 2017/04/11

料理研究家:塩田ノアのレシピ紹介!経歴や家族についても調査してみた
Pocket

2017年4月11日に放映される「きょうの料理 しっとりジューシー 鶏むねおかず「チキン&チップス」」

この番組には料理研究家である「塩田ノア」さんが出演されます。

塩田さんはパリに10年以上住んでいらっしゃるため、その期間で覚えた「パリ生活のワザ」や「カンタン美味しいノア流」のフレンチ、イタリアン、そして和のおかずもが得意だそうですよ。

そこで、今回は料理研究家の塩田ノアさんの料理のレシピや経歴等のプロフィール、ご家族について調査してみました。

塩田ノアのレシピ紹介

今回はみんなのきょうの料理から一品レシピをご紹介します。

『牛赤身の粗びきハンバーグ 』のレシピ

<材料>(2人前)

牛切り落とし肉 (赤身)  300g

ほうれんそう       適量

塩            小さじ1と少々

こしょう         少々

サラダ油         小さじ1

☆絹ごし豆腐       70g

ドレッシング (市販) 大さじ3

(*ノンオイルタイプのごまドレッシングがおすすめ。 イタリアンドレッシングなど好みのものでもよい)

<作り方>

①ラップで牛肉をひとまとめにし、冷凍庫にて約2時間冷やし、半冷凍にする。

②ボウルに①を5mm幅に刻んだもの、塩小さじ3分の1、こしょう少々を加え、軽く混ぜる。

軽く混ぜた後、2等分にし、厚さ1cm弱に平らに成型する。

③サラダ油小さじ1をフライパン入れ、強めの中火にかけ、牛肉を片面ずつ好みの焼き加減に焼く。

④☆の材料をなめらかになるまでよく混ぜ合わせる。

⑤熱湯でほうれんそうをゆでて冷水にさらし、4cm長さに切って水けをよく絞り、塩少々をふる。

⑥③と⑤を皿に盛り、④をかけて完成。

 

あっさりとしていて食べやすいハンバーグです。

あっさりしつつも食べごたえは抜群!

ご飯にあう絶品の品ですね。

塩田ノアの経歴等のプロフィール

塩田ノアさん

名前:塩田ノア(しおだ のあ)

生年月日:1955年(2017年4月11日現在61歳か62歳)

出身:東京都

職業:料理研究家

 

作家・評論家である父親の塩田丸男と料理研究家である母親の塩田ミチルの娘として誕生。

慶応義塾大学経済学卒業後に銀行に勤務。

32歳頃に銀行を退職し、母親のアシスタントを務める。

38歳頃にイタリアに留学し、料理を学ぶ。

40歳頃に帰国し、料理研究家として活動。

49歳頃にパリに移住し、57歳ごろから相手の家に出向く「訪問料理教室」を行っている。

塩田ノアの家族

 

母親である塩田ミチルさんと言えば専業主婦でありながら、料理の腕が編集者によって見いだされ、40代で料理研究家デビューされたそうです。

ミチルさんは、手軽にできるレシピが人気であったそうです。

娘であるノアさんも家庭料理の研究も行っているそうで…血の繋がりを感じますね。

父親である塩田丸男さんは読売新聞記者、文化放送ニュースキャスター、テレビ朝日ニュース解説者など様々な職を経て、作家・評論家となったそうです。

40代から料理研究家になる母、様々な職を体験し、活動する父。

この二人の行動力を受け継いだノアさんだからこそ海外での生活、海外での料理活動ができるのかもしれませんね。

ノアさんブログを読んでみたのですが、ブログには旦那さんの話が結構出てきます。

仲の睦まじいご夫婦なのでしょう。

因みに旦那さんはワインの専門家だそうです。

旦那さんの選んだワインに合う料理を作るノアさんの図が簡単に想像できてしまいますね。

子供の情報は一切出てこなかったので子供はいないのかもしれません。

sponsored link

まとめ

 

料理研究家の塩田ノアさんの料理のレシピや経歴等のプロフィール、ご家族についてご紹介しました。

海外に拠点を置きながら料理研究家として活動されている塩田ノアさん。

今後も「カンタン美味しいノア流」のフレンチ、イタリアン、そして和のおかずをたくさん発表していってくださることが楽しみですね^^

Pocket

sponsored link

down

コメントする




当ブログについて

カテゴリー

ブログ作成者

海斗

海斗

2016年の末頃からブログ開設。 お仕事しつつのんびり書きたいことを書いています。



sponsored link