海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

新商品100億個の乳酸菌チップスの味は?乳酸菌量を他のお菓子と比較してみた

calendar

Pocket

本日スーパーにて面白い新商品を見つけました。

その名も「100億個の乳酸菌チップス」

大量の乳酸菌が入っているなんてなんとも体に良さそうな名前じゃないですか。

 

気になったのでもちろん即購入しました。

そして食べてみるとかなり美味しい…。

ということで今回は「100億個の乳酸菌チップス サワークリームオニオン味」の味の感想や乳酸菌の量についてご紹介します。

乳酸菌入りポテトチップスについて色々お話ししちゃいますよ♪

スポンサーリンク

100億個の乳酸菌チップスとは?

ポテトチップスで有名なカルビーが2019年1月21日から販売開始したポテトチップスです。

正式名称は「NATURAL Calbee(ナチュラル カルビー)1袋に100憶個の乳酸菌チップス」と結構長め。

袋の後ろに乗っている100億個の乳酸菌チップスの大きな特徴はこんな感じ。

100億個の乳酸菌チップス

 

【100憶個の乳酸菌チップスの特徴】

  • 国内生産農家のジャガイモを仕様
  • 着色料フリー
  • 100億個のシールド乳酸菌配合

 

味には「サワークリームオニオン味」「シーソルト味」の2種類があり、どちらも1袋38g入りで200カロリー以下なんですよ。

ちょっと体重が気になる方でもつまみやすいお菓子ですね。

全体的に体に良さそうな商品となっています。

100億個の乳酸菌ってどれくらい?

 

いきなり100億個の乳酸菌、なんて言われても凄いかどうかわかりませんよね。

そこで誰もが知っているお菓子に入っている乳酸菌の量を調査してみました。

あ、とりあえず乳酸菌の種類は気にしないで乳酸菌の入っている量のみに着目しています。

①ビスコ

ビスコには約5枚当たり乳酸菌が1億個入っているそうです。

ということは単純計算ビスコを200枚食べると乳酸菌が100億個になりますね。

ビスコ200枚はさすがにキツイ…。

②乳酸菌ショコラ

乳酸菌ショコラには約7枚当たり乳酸菌が10億個入っているそうです。

乳酸菌ショコラを70枚食べたら乳酸菌が100億個になりますね。

全然食べれるけれどカロリーが気になりますね…。

サワークリームオニオン味の感想

100億個の乳酸菌チップス

今回は海斗が実際に食べた「サワークリームオニオン味」について紹介しますよ。

 

まず1口食べてみるとガリっとした食感…そう、食感はかなり固めです。

レベル的には「堅あげポテト」レベルですかね。

カリッとしていてバリバリ食べられちゃいます。

100億個の乳酸菌チップス

ポテト1枚あたりの大きさはチュッパチャプスの飴の大きさ位。

手軽につまんで食べられるサイズです。

 

そして1口食べると口の中にふわっと酸味と玉ねぎの旨味が舞い踊ります。

1口目はかなりすっぱく感じましたがこの酸味が癖になる

 

1回手を付けると1袋空になるまで手が止まらないレベルの美味しさ。

なんというか玉ねぎをたっぷり煮込んだクリームシチューに酸味が付いた感じ。

まったりとしながらもさわやかな酸味がたまりませんね。

 

味も良くて体にもいい…最高じゃないですか。

まとめ

 

以上で「100億個の乳酸菌チップス サワークリームオニオン味」の味の感想や乳酸菌の量についてご紹介しました。

しっかりした食感なので内容量が少なくても満足度が高めです。

比較的低カロリーなのでダイエット中でも気兼ねなく食べれちゃいますね^^

まだ食べたことの無い方はぜひ食べてみて下さいね♪

Pocket

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)