海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

三國無双シリーズの最高傑作はどれ?おすすめランキングを熱烈ファンが紹介!

calendar

Pocket

実は真・三國無双シリーズ(以下:三國無双シリーズ)で全キャラをレベルカンストさせるのが大好きな海斗です。

三國無双2から三國無双7の猛将伝まで全部プレイしましたよー。

(実は三國無双8は未購入なのでそろそろ買う予定です…)

 

こちらではそんな海斗が三國無双シリーズについて熱弁しちゃいます。

三國無双をプレイしたことがない人や何が面白いのか知りたい人は要チェックですよ。

ぜひ、三國無双を買おうか迷っている方はこちらの記事を確認してみてくださいね。

ということで今回は真・三國無双シリーズの魅力やおすすめタイトルランキングをご紹介します。

全てが三國無双大好き人間の海斗の偏見です♪

スポンサーリンク

三國無双シリーズの魅力

 

まずは三國無双シリーズの魅力を説明しますよ。

こちらは完璧に海斗の三國無双愛が炸裂しているだけだったりします。

①爽快感溢れる戦闘アクション

 

三國無双といえば爽快感溢れる戦闘アクションが魅力ですね!

ざっくざくと敵をなぎ倒していく感覚がたまりません。

シリーズが進むにつれて爽快感がアップしていくイメージですね。

 

7のPVを貼っておきますね。

戦闘の爽快感が味わえると思いますよ。

②個性豊かなキャラクターたち

出典元:https://www.gamecity.ne.jp/smusou8/characters_gi.html

なんと三國無双シリーズには最高90名ものキャラクターが存在します。(三國無双8の場合)

たくさんのキャラクターがいて、どのキャラクターも個性豊かで素敵なんですよね。

 

しかも、シリーズ初期では悪役に近い性格だった司馬懿が7では意外とオチャメで優しい性格を見せたり、シリーズによって少し性格が違うのも良いんですよね。

他にもギャルっぽいキャラクターやチャラいキャラクター、高飛車なキャラクター…様々なキャラクターがいます。

自分好みのキャラクターに出会えること間違いなしですよ。

③豪華な声優陣

そりゃこれだけ多くのキャラクターがいるわけです、たくさんの声優もいるんですよ。

有名どころなら以下の声優さんなどでしょうか…。

  • 中井 和哉さん
  • 桑島 法子さん
  • 伊藤健太郎さん
  • 鳥海 浩輔さん
  • 伊藤 かな恵さん
  • 置鮎 龍太郎さん

他にもたくさんの声優さんの声が楽しめるんです。

声好きの方はプレイしているだけで耳が幸せになること間違いなしですよ。

因みに、海斗は置鮎さんが大好きなのでずっと司馬師を使ってます(笑)

④様々なストーリーが楽しめる

出典元:https://www.gamecity.ne.jp/smusou8/system_story.html

三國無双シリーズはなんと言ってもストーリーが最高です。

魏・呉・蜀・晋・その他、それぞれの視点で進んでいくストーリーが本当に楽しい。

ifストーリーで進んでいく場合や正史をなぞるように進むストーリー…様々なストーリーが楽しめます。

個人的にはifストーリーの自分がプレイした軍が幸せになっていってくれる感じがたまらないんですよねぇ…。

三國無双のおすすめランキング

 

さて、魅力を語ったところで次は三國無双のおすすめランキングをご紹介しちゃいますよ。

あ、でもいくつか注意点があるのでご確認くださいね。

  • かなり個人的ランキングです
  • ナンバリングタイトル(無印)のみでランキングを行っています
  • ps.ps2.ps3.ps4の作品からランキングを行っています。
  • 海斗がプレイした三國無双2~7のみでランキングしています

6位:三國無双5

 

シリーズの中でも1番異端ではないかと思われる「三國無双5」が6位です。

今作ではキャラクターの服装や武器がガラリと変わったり、キャラクターのリストラがありったり、様々な試みが行われたイメージですね。

なんとなく他の三國無双シリーズと異なったゲーム、といったイメージです。

 

また、戦闘システムも他とは大きく異なり全方向ガードが可能であったり□ボタンの連打で途切れることなく攻撃できるようになっています。

このことから連打ゲーと呼ばれてしまうことも…。

 

また、多くのキャラクターのモーションが被ってしまっていたりします…。

シンプルに敵を倒したいならこのシリーズですね。

5位:三國無双3

 

さて、お次の5位は「三國無双3」です。

キャラクターがまだ少ない分、自分で作成したエディットキャラクターが大活躍するシリーズですね。

残念な点としてはシリーズが若いのでキャラクターが少なかったり、映像が荒いことでしょうか…。

 

また、城を攻めるために攻城兵器がいるのが少し面倒だった記憶があります。

個人的には武将と1対1で戦う一騎討ちのシステムやキャラクターのエディットが面白いかったですね。

4位:三國無双6

 

さて、第4位は「三國無双6」です。

今作はストーリーモードでプレイできるキャラクターが固定されているところが少しマイナスポイントでしょうか。

はじめて「晋」が登場したのもこのシリーズですね。

イベントから戦闘へのシームレスシステムでさくさくプレイできるのが良い点です。

 

また、戦闘の面では二種類の武器を自由に切り替え、攻撃できる「ヴァリアブル攻撃」や武将毎の個別攻撃「ex攻撃」ができるようになりました。

これで様々なキャラクターを使う楽しみが増えました。

3位:三國無双4

 

気になる3位は「三國無双4」です。

一定時間、攻撃力や防御力が向上する覚醒印のシステムが増え、戦闘の爽快感が高くなったシリーズです。

また、チャージシステムもジャンプチャージなど個別のモーションが増えた楽しいシリーズですよ。

そして個人的には全員の無双モードがあるのが大好きでした。

 

しかし、残念なのは無双モードにあまりメリハリがなく、個別のシナリオに特別性がなかったことですかね…。

海斗はチャレンジモードが好きすぎてずっとプレイして誰も抜けないような記録を作り出していましたね。

拠点システムによって、しっかりと順をおって敵陣を倒していかなければいけないシステムが特徴的でしたね。

2位:三國無双2

 

海斗が個人的に1番やりこんだ「三國無双2」が2位です。

海斗がはじめてプレイしたシリーズなので思い出補正が強いかもしれません…。

今作は戦闘がシリーズのなかで最も難しかった記憶がありますね。

 

難易度マックス(修羅だったかな?)にすると弓がえげつない、一般兵が固すぎて倒せない、武将の1コンボ未満で死ねる。

まさに鬼畜ゲーでした。

なんとか勝利してみても倒した敵の数が20数人なんて事もありましたね。

それくらい倒せない敵が楽しかった。

 

合肥新城で始まった瞬間に弓矢でサボテンにされるのが大変だった…しかし楽しかった。

関ヶ原ですぐ激昂する司馬懿も好きだった…。

いつもちょこちょこついてくる8人の護衛兵がかわいかった…。

 

今作はまさに鬼畜な戦闘が楽しめるゲームですね。

古いけれど自分のアクションの限界に挑みたいなら三國無双2に限りますよ!

1位:三國無双7

 

栄えある1位は「三國無双7」です。

映像がきれい、使用できるキャラクターが多い、戦闘システムが多彩…いいところばかりですよ。

 

また、ifストーリーが楽しめるところが本当におすすめです。

あの合戦で〇〇が参戦していれば…そんなシナリオが楽しめますよ

 

ストーリーだけでなく将星モードも存在し、やりこみ要素もしっかりあります。

将星モードでは絆システムもあり、絆が上昇すると特別な会話が聞けたりしますよ。

やりこみをしっかりしたい、さくさく爽快感溢れる戦闘が楽しみたいなら三國無双7に決まりですね!

初心者はこのシリーズがおすすめ

折角なので三國無双シリーズ初心者におすすめなタイトルも紹介しますよ。

初心者の方はチェックしてみてくださいね。

*こちらも個人的好みで決めています。ナンバリングタイトルだけでなく派生タイトルも含まれます

・三國無双7

→比較的新しいシリーズなのでグラフィックも綺麗、戦闘システムも多才…プレイしやすい作品です

・三國無双8

→海斗はプレイしていませんがオープンワールドが楽しめる方は三國無双8も良いかもしれません。

ただ、キャラクターの武器の種類が少なくなっているのが少し残念です。

・無双OROCHI2

→三國無双、戦国無双のキャラクターが登場するシリーズです。

特にキャラクターを知らなくてもさくさく進むのが良いですよ。

また、たくさんのキャラクターを使用できるので初心者の方は興味のあるキャラクターを探すのが楽しいと思いますね。

まとめ

 

以上で真・三國無双シリーズの魅力やおすすめランキングをお伝えしました。

こちら本当に海斗の独断と偏見で紹介しました。

しかし本当に三國無双シリーズはおもしろいですよ。

プレイしたことがないのは損です…。

ぜひ、まだ未プレイの方は三國無双シリーズをプレイしてみてくださいね。

個人的にはもう少しで発売される無双オロチ3も気になります…♪

Pocket

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)