海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

正月・年末年始のパチンコ店は設定も悪く大回収なのか?店員が語る

calendar

Pocket

さて、もうまもなくお正月が来ますね。

海斗が働くパチンコ店も正月装飾バッチリですよ。

 

パチンコ・スロットを遊技する人たちは年末年始だからこそ出すのか、年末年始だから締めるのか…気になりません?

たくさんのお客様にも「正月は回収日なのか」なんて聞かれるんですよね。

 

そこで今回の記事では正月のパチンコ店の設定や店員の実情についてご紹介します。

現役店員が色々ぶっちゃけちゃいますよ♪

スポンサーリンク

店員に正月休みは無い

 

正月は本当忙しさが地獄のようです。

いつもの2倍以上は忙しいですね。

 

なんてったって、他のアミューズメント施設は開いてないし、初打ちだ!って運試しの気分で来る人が多いわけです。

それにお客さんにティッシュやタオル、ドリンクなどの100円位の物を渡す「総付け景品」があるんですよ…。

基本的にお客さん全員に手渡しするのでなかなか大変なんです。

 

ぶっちゃけ、12月31日から1月5日までは社員は休みなんかありませんからね。

アルバイトさんがガッツリ休むので正社員が頑張るしかないんです…。

スロットはいつも以上に出ている

 

スロットは、稼働率が上がるから必然的にたくさんメダルが出ますね。

10台しか動かないより100台動く方がフリーズを引く人が現れる確率は上がるし、事故も多いわけです。

 

設定うんぬんは置いといてもいつも以上にメダルは出ますね。

あ、その分お金を入れてる人も多いですけど。

設定はどうなのか

 

ぶっちゃけていってしまうと設定はあまり入っていないところが多いとは思います。

稼働率が上がるから設定を入れなくても何とかなるんですよね。

低設定でも事故って出るときは出ますし…。

 

それに正月だからスロットに詳しくない人もパチンコ店に来てくれたりするんですよね。

詳しくない人は設定の看破なんてできないし、きつめの設定でもなんとかなるんですよ。

 

でも、逆に正月だからこそ設定を入れるところもあります。

設定を高くして、がっつり出して、お客さんにこのホールは出る!って意識付けるところもあるんですよ。

新規客のゲットや既存客に正月や入れ替えなどの時は設定が入る、ってイメージを植え付けたい時もありますからね。

 

まぁ、設定がはいるかどうかは普段の店舗運営の雰囲気によって判断するのがいいと思います。

GWや連休の際に設定が入っていなかった店舗は年末年始も設定が入っていない可能性が高いでしょう。

逆にGWなどの時に設定が入っていた店舗は年末年始も設定を入れる可能性が高いと思います。

正月はトラブルも多い

 

稼働率が上がると一緒に上がるのがトラブルの確率です!

お正月で油断している人が携帯を落としたり、お金を置き忘れたりしちゃうんです。

 

まれに盗難とかも発生しちゃいますし…。

お正月のパチンコ店では店員だってしっかり見てるんだけど見切れない部分があるのも事実なんですよね。

皆様、正月にパチンコ店に行く場合はきちんと自衛することを忘れない様にしてくださいね。

正月のパチンコ・スロットで注意してほしいこと

 

正月はひたすらお客さんが多いです。

お客さんが多いということは好きな台に座れない可能性が高いということ。

ぶっちゃけ、そんな状況だと上手く立ち回れる人は少ないです。

 

正月やGWなどで「あ、今日はうまくいかないな」と思った場合はすっぱり諦めて帰るのがいいと思いますね。

今まで仕事で沢山のお客さんをみていた経験上「負けを取り返す!」「あと少し稼ぐ」なんて変に粘る方は負けてしまう可能性が高いので…。

引き際の見極めには注意してくださいね。

まとめ

 

以上で正月のパチンコ店の設定や店員の実情についてご紹介しました。

ギャンブルで今年の運試し!なんて方も多いですよね。

負けても買ってもその時の運です。

パチスロは楽しんでご遊戯してくださいね^^

正月は基本的には回収が多いですので気を付けてくださいね♪

【正月:関連記事】

お年玉の相場はいくら?いつからいつまで渡す?入れ方についても紹介

Pocket

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)