海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

転職する前に不安解消!元タクシードライバーが給料など業界の秘密を暴露!

calendar

reload

転職する前に不安解消!元タクシードライバーが給料など業界の秘密を暴露!
Pocket

以前、タクシードライバーの業務内容や仕事のメリット・デメリットをご紹介しましたね。

タクシーに転職は失敗?業務内容やデメリットを元タクシードライバーが語る

この記事を読んでいただいた結果、タクシードライバーへの転職は失敗だったのか…成功だったのかそれは人によって感じ方が違うと思います。

以前の記事だけではまだタクシードライバーへの転職は不安だ…そんな方も多いはず…。

そこで今回の記事ではタクシードライバーだからこそ知っているタクシー業界の秘密をお話ししますよ。

タクシードライバーへの転職へのヒントになれば幸いです。

給料面や実は不便なこと…色々お話ししちゃいます♪

スポンサーリンク

秘密①給料は歩合制である

給料は歩合制が採用されています。

一般的には売り上げの50~60%が自分の取り分となります。

地域により、かなり金額が異なるのですが大阪地方で働いた実兄は1回の乗車の平均料金が1100円前後でした。

そして1時間に2回程度お客さんを乗せます。

つまり1時間2200円の売り上げですね。

そして業務時間は休憩時間を除いて約18時間。

18時間×2200円で39600円が1日の売り上げとなります。

公休の関係や仕事の仕方(朝の8時出勤次の日の明け方5時終了の2日で1日の仕事体系)により、この39600円の売り上げが1月に対し約13回あります。

13回×39600円で514800円が1月の総売り上げとなります。

この半分が自分の手取りなので約25万円が真面目に働いて順調だった際の実兄の月給ですね。

*大阪は比較的タクシードライバーとしては稼ぎにくい地域となっています。

(1回の乗車の料金が5000円を超えたらそれ以降の金額が5割引きされる制度があるなど様々な割引制度があるため)

もちろん歩合制なのでサボると給料が雀の涙程度…なんてこともありますよ。

秘密②初心者でも稼げる!?

1昔前はナビが無かったので初心者は道を覚えるところから苦労したもの…。

ですが最近はナビ+GPS無線の時代となっています。

道はナビが案内します。

その上、無線が自動でお客さんから1番近くの車を呼び出すシステムとなっているので入社したての新人で大丈夫。

ベテランドライバーと同じようにお客が取れるシステムとなっているんですよ。

秘密③タクシーのチップの行方

タクシーを利用した際にお釣りの端数をドライバーにチップとして渡してくれる方もいます。

このチップは直接収入となるので実はかなりありがたかったりするんですよ。

平均的にはお札を出して500円以下のお釣りをチップとして渡してくれる方が多くいました。

直接収入としても嬉しいですし、つり銭が少なくするので両替の手間が省けるが助かったものです。

秘密④実は車は他人と共有

以前伝えましたように、多くの会社では2日で1勤務の体制となっています。

そのため自分の勤務と裏に当たる人とタッグを組んで車を管理して乗ることが多いのです。

自分専用の車なんて恐れ多いものです。

秘密⑤お客さんを乗せられない時がある

たまにタクシーが通りかかったので手を挙げたがあからさまに無視された、という話を聞きます。

実はコレ、無視したくて無視しているわけではないんですよ。

なぜならタクシーには「営業範囲」が決まっているためです。

営業活動許可範囲外でお客様にあっても乗せたくても乗せられないんですよ。

秘密⑥殆どお酒が飲めない

運転に関する職に共通することですがお酒に関してはかなり厳しい制限があります。

変則的な勤務が多いので飲めるタイミングがほとんどありません。

実兄もタクシードライバーを行っている時は一切お酒を飲みませんでした。

秘密⑦1日の業務時間と走行距離には限界がある

実はタクシー業務には1日の業務可能時間と走行可能距離が決まっています。

この時間や距離を越えて営業を行うことは出来ません。

深夜だと業務時間や走行距離の関係でお客さんを乗せられない場合も多くあります。

秘密⑧おばけを乗せることがある(入れポチャ)

深夜にお客さんを乗せていないのに「実車」になっているタクシーを見かけることがあると思います。

見た目は誰も乗っていないのに実車になっているのでまるで見えない人間(幽霊・おばけ)を乗せているかのようなことがあります。

これは実はドライバーがお客さんを乗せずメーターを回し、実費でお金を投入しているのです。

1日の売り上げを一定金額以上にするための行動なんですよ。

ではなぜこのようなことをするか、それはドライバーが自分の取り分を増やすためなんですよね。

え?実費でお金を払うのに自分の取り分を増やす?と疑問に思われる方も多いでしょう。

実はタクシードライバーは売り上げの金額に応じて自分の取り分のパーセンテージが変動するんです。

例えば40万円だと50%が自分の取り分になります。

逆に395000円だと40%が自分の取り分となります。

この場合後5000円入れるだけで40万円の50%が取り分なので40万円の50%の20万円ー5000円の195000円が自分の取り分となります。

もし5000円入れないと40%が取り分となるので395000円の40%の158000円が取り分となります。

そう、5000円入れた方が195000円の取り分5000円入れないと158000円の取り分となるのでおばけを乗せた方が37000円も自分の手元に来るお金が多いんですよね。

だからこんなおばけを乗せる何て行為をするんですよ。

ですが、この行為は本来あってはならないもの、ぶっちゃけ皆見て見ぬふりをするグレーゾーンな行為だったりします。

因みに本物の幽霊に出会うこともあったり…。

「年を取る幽霊」元タクシードライバーが本当に体験した怖い話をお話しします

タクシードライバーに転職するなら…



ここまで読んでタクシードライバーへの転職に興味を持った方には業界で最大級の入社祝い金付き 優良タクシー求人の【タクQ】がおすすめです。

「入社祝い金」や「面接のために必要な旅費」が保証されているのがかなりのおすすめポイントですね。

また、寮や社宅があるので地方からの就職も安心です。

大阪や東京をはじめ、北海道や福岡県など、幅広い地域の転職を取り扱っているので興味のある方はとりあえずお手軽にエントリー下さいね。

転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円 タクシー無料転職支援サービス【タクQ】

まとめ

 

以上でタクシードライバーだからこそ知っているタクシー業界の秘密をご紹介しました。

どうでしょう、意外と知られていない事も多かったのではないでしょうか。

タクシードライバーへの転職は不安も多いかもしれませんが夢もあります。

初心者から高収入を狙いたい方や時間の調整が必要な方にはタクシードライバーはおすすめだと思います^^

大手・優良企業への転職 タクシー求人は【タクQ】無料転職支援サービス

意外と知られていない事実が多くてびっくりですよね♪

【関連記事:タクシードライバー】

タクシーに転職は失敗?業務内容やデメリットを元タクシードライバーが語る

「年を取る幽霊」元タクシードライバーが本当に体験した怖い話をお話しします

Pocket

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)