海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

介護・営業・タクシーに転職した人間がメリット・デメリットを紹介してみる

calendar

Pocket

あぁ、今の仕事が合わないな、なんて思う方も多いのではないでしょうか。

就職してみると思った仕事と違う、辛い、なんてことも多いはずです。

実は海斗の実兄も何度か転職を繰り返しているんですよね。

介護・営業・タクシードライバー…どの職業も一長一短だったそうです。

そこで今回の記事では実際に転職した際に感じた転職におけるメリットとデメリットを職業別にご紹介します。

実体験からお伝えするメリット・デメリットです♪

スポンサーリンク

職業別のメリットとデメリット

 

今回は介護職・営業職・タクシードライバーの3つの職業のメリットとデメリットをご紹介します。

ご自身にピッタリ合う職業があればよいですね。

介護職

高齢者や障害者の支援を行うことが主となる職業です。

介護の資格を持っていれば職に困ることはないと常々言われてきましたね。

【メリット】

  • 採用率が高い
  • シフト制なので休みがとりやすい

【デメリット】

  • 体へのリスクが赤い
  • 平均給料が低い

【総評】

求人が多いため入り口は広いが離職率も高い

人間の汚物を扱うため、ある程度の覚悟が必要である。

日常でも老人と触れ合っている方が仕事としては行いやすい。

営業職

自らお客のもとに出向いたり、電話などを行って自社の商品を販売する職業です。

セールスマンやセールスウーマンと呼ばれ、ノルマクリアのために日々様々な相手に取引を行う必要があります。

【メリット】

  • 出世が速い
  • 給料が高い

【デメリット】

実力主義のため精神的負担が大きい

職場の人間関係は悪いことが多い

【総評】

過去職業に関係なく仕事につきやすい

誰でもできる仕事が多くなっている。

人と喋ることが多いのでコミュニケーション力が問われる

タクシードライバー

お客を乗せて目的地まで運転するタクシードライバー。

タクシードライバーをしていると様々不思議な体験をするそうですよ。

【メリット】

  • 年齢に関係なく始められる
  • 自分のペースで仕事がしやすい

【デメリット】

  • 給料が不安定である
  • 生活が不規則になる

【総評】

免許をとらしてくれる会社も多く年齢や職歴に関係なく転職しやすい状況である。

良くも悪くもお客次第の仕事なので給料の不安定さが目立つ。

密室空間でお客と会話する必要があるのである程度のコミュニケーション力が問われる

転職のメリット

  • 多くの職種に触れ見聞を広げられる
  • 人脈を多く築くことが出来る
  • 応用力が身に付く

新たな職業につくことで新しい世界が広がり、自身の能力の向上に繋がることが多いです。

転職のデメリット

  • 給料が不安定である
  • 人間関係を何度も構築する必要がある
  • 出世が遅くなる傾向がある

転職を何度も行うことは「すぐに仕事を辞めてしまう人間だ」と信用を失うことに繋がります。

職業によって給与や人間関係などが異なるために安定した生活が行い難くなります。

転職について一言

転職することにより心身ともにリフレッシュして、改めて仕事や生活に楽しみを見いだせることも多くあります。

しかし、職を変えるということはそれまでの積み上げを壊すこと、とも言えます。

20代の転職は比較的簡単で色々チャレンジして自分に合う職業を探すのも手と思います。

ですが、30代に入ると急に再就職をするのが難しくなります。

可能ならば20代のうちに自分の続けられる仕事を見つけるようにしましょうね。

まとめ

 

以上で転職におけるメリットとデメリットを職業別にご紹介しました。

本音を言ってしまえば「自分に合う仕事」はほとんどありません。

どんな仕事にもメリットとデメリットがあります可能ならば自分の続けられる仕事を見つけましょうね^^

転職は人生の分岐点…きちんと考えてから行動しましょうね♪

Pocket