海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

おすすめ加熱式電子タバコglo(グロー)の特徴は?アイコスと比較してみた

time 2017/11/30

おすすめ加熱式電子タバコglo(グロー)の特徴は?アイコスと比較してみた
Pocket

さて、前回電子タバコFLEVOについてご紹介しました。

おすすめ電子タバコFLEVO(フレボ)の特徴は?購入方法も調査した

そこで今回は最近話題の加熱式電子タバコ「glo(グロー)」の特徴をアイコスと比較しながらご紹介します!

加熱式電子タバコ「glo(グロー)」の特徴

まずは加熱式電子タバコ「グロー」の特徴を紹介しましょう。

大きな特徴は以下の3つです。

①有害物質が少ない

②バッテリーと本体が一体型である

③フレーバーの種類

①加熱式電子タバコ「グロー」は有害物質が少ない

 

加熱式電子タバコであるグローはニコチンとタールについての記載がありません。

グローは普通の紙タバコに比べて90%程度タールがカットされています。

また、ニコチンは1mg~5mgの紙タバコと同程度だそうです。

発がん性を持った有害物質であるタールが少なくなっているので比較的健康に対して安全な代物です。

②加熱式電子タバコ「グロー」はバッテリーと本体が一体型である

 

グローは加熱システムとバッテリーが一体型になっているため、本体の充電さえあれば何度でも吸うことが可能です。

一体型のため充電がかなり楽になります。

③加熱式電子タバコ「グロー」のフレーバーの種類は全部で8種類

フレーバーは全部で8種類あるのですが、そのうち4種類が宮城県のみでの販売になるそうです。

そう考えるとフレーバーはあまり多くないように感じますね。

フレーバー①【ブライト・タバコ】

フレーバー②【フレッシュ・ミックス】

フレーバー③【インテンスリー・フレッシュ】

フレーバー④【スムース・フレッシュ】

フレーバー⑤【リッチ・タバコ】

フレーバー⑥【シトラス・フレッシュ】

フレーバー⑦【スパーク・フレッシュ】

フレーバー⑧【ダーク・フレッシュ】

⑤~⑧のフレーバー宮城県のみでの販売になりますので注意が必要ですよ。

 

電子タバコ「グロー」とアイコスを比較

 

さて、アイコスグローを簡単に比較してみましょう。

アイコス1本吸うたびにバッテリーケースに本体を差し込んで充電をする必要があります。

グロー本体とバッテリーが一体型なので連続で吸うことが可能なうえ、充電自体も本体をコンセントに差すだけで充電が出来ます。

アイコスよりグローの方が充電が容易ということですね。

また、煙の量も異なっており、アイコスは煙が少なめ電子タバコは煙が多めとなっています。

煙が少なくスマートに吸いたいならばアイコス

連続してタバコを吸いたいならば加熱式電子タバコグロー

ではないでしょうか。

アイコスか、電子タバコか、おすすめの種類は?

 

今まで紹介した「アイコス」「EMILI」「FLEVO」「 グロー」を紹介しました。

どれも一長一短で迷いますよね。

そこで特徴や個人的な意見を述べますのでその内容を確認して好きなものを選択してください。

①有名1番「アイコス」

 

かなり有名で現在は簡単に手に入るアイコス。

メリットとしては副流煙が出ないので周囲への被害が少なく済むことではないでしょうか。

ただ少し初期費用がお高めですね。

②豊富なフレーバー「EMILI」

 

個人的にはそこまで有名ではない気がするEMILIです。

こちらの一番のおすすめポイントは「フレーバーが多いこと」ですね。

フレーバーは全部で32種類!(2017年9月現在)

女性でも吸いやすい「ビタミン」に関係するフレーバーもあるので女性にも良いかな、と思われます。

③安価で初心者におすすめ「FLEVO」

 

完璧初心者でどんなものか興味があるからお試しで…という方には「FLEVO」がおすすめですね。

なんていったってスターターキットが他の物よりかなり安価なんですよ。

ただ、フレーバーの種類などがあまり多くないのでずっと使っていくには面白くないかもしれませんね。

④連続で吸いたいならば「グロー」

 

他のものと比べ充電が簡単なグロー!

チェーンスモーカーの方はグローがおすすめですね。

sponsored link

まとめ

 

以上で加熱式電子タバコ「glo(グロー)」の特徴をアイコスと比較してご紹介しました。

健康に大きく関係する喫煙…。

紙タバコの方は早めに変更をした方がよいと思いますよ。

もちろん強制ではないのですが…やはり健康は大切にしてほしいものです^^

Pocket

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

当ブログについて

カテゴリー

ブログ作成者

海斗

海斗

2016年の末頃からブログ開設。 お仕事しつつのんびり書きたいことを書いています。



sponsored link