海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

2017年秋十五夜のお月見はいつ?月見団子の意味や由来、お月見の準備も

time 2017/09/15

2017年秋十五夜のお月見はいつ?月見団子の意味や由来、お月見の準備も
Pocket

もうそろそろ秋も近づいてまいりました。

秋と言えばお月見

美味しい月見団子や綺麗な満月…たまりませんよね。

でもよく考えたら毎年、十五夜の日付って変わるじゃないですか。

2017年はいつ頃が十五夜なのかってちょっと迷いますよね?

そこで今回は2017年の十五夜の日付についてご紹介します。

また、後ろの方で月見団子意味や由来・お月見の準備物についてもご紹介するので興味があればどうぞ。

2017年の十五夜のお月見はいつ?

 

お月見は一般的に旧暦の8月15日の「十五夜」に行います

この時期は中秋の名月と言って月が最も綺麗になる時期となっております。

そんな月が綺麗な時期だからこそ月を見て楽しむのですね。

去年2016年の十五夜は9月15日でした。

2017年の十五夜は10月4日(水)

となっています。

因みに来年2018年の十五夜は9月24日(月)です。

今年も来年もお月見を楽しみたいものですね。

お月見に必要な準備物は?

 

皆さんお月見は月見団子とススキだけあればいい、なんて思ってませんか?

いえいえ、他にも必要なものはあるんですよ。

必要な物は以下の4点です。

・ススキ

・月見団子

・秋に収穫された名物(里芋・さつまいも・ぶどう・梨、等)

・お酒

お月見のススキの意味

 

ススキは神様の依り代として飾ります。

本来の依り代は稲穂なのですが稲穂はこの時期に手に入りにくいためススキを代用するようになったそうです。

お月見の月見団子の意味や由来と個数

 

お月見の代表と言えばこちらのお団子ですね。

お団子は十五夜に因んで15個用意します。

地域によっては12個盛ることもある様なのでそこな柔軟に変更してよいと思います。

お団子は穀物の収穫に感謝し、満月に見立てて作られているそうです

また、このお団子を食べることによって健康と幸せを手に入れることが出来る、とも考えられていますね。

なので、団子を作るときは上新粉(お米からできた粉)がおすすめです。

sponsored link

まとめ

 

以上で2017年の十五夜の日付や月見団子意味や由来・お月見の準備物についてご紹介しました。

美味しい月見団子に綺麗な満月…これぞ秋の楽しみですね。

皆様も色々準備してゆっくりお月見を楽しみましょう^^

関連記事→簡単なお月見団子の作り方!月見団子の並べ方・積み方も

Pocket

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

当ブログについて

カテゴリー

ブログ作成者

海斗

海斗

2016年の末頃からブログ開設。 お仕事しつつのんびり書きたいことを書いています。



sponsored link