海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

クソゲー「たけしの挑戦状」がアプリで登場!料金や新要素について

time 2017/08/16

クソゲー「たけしの挑戦状」がアプリで登場!料金や新要素について
Pocket

2017年8月15日、ついにあの「伝説のクソゲー」である「たけしの挑戦状」がスマホアプリとして配信開始されました。

「たけしの挑戦状」は1986年に販売された、ビートたけしさん監修のアクションアドベンチャーゲームです。

ゲーム内容は激ムズで1時間リアルに放置する、マイクに向かって叫ぶ、など、想像もしない操作を要求されるのです。

当時はクリアできない人が続出したそうですね。

昔は今みたいにネットの普及もなく、攻略方法を調べることが出来なかったためだけでなく、シナリオや操作が本当に激ムズだったんですよ(大事なことなので2回言いました)

さて、そこで今回はアプリ版「たけしの挑戦状」の料金・操作方法や新要素についてご紹介します。

アプリ版「たけしの挑戦状」の料金と操作方法

画像:たけしの挑戦状(出典元:4Gamer.net)

対応OS:Android4.4以降

コンテンツのレーティング:16歳以上

基本料金:840円(有料追加コンテンツあり)

操作方法:対応したボタンのタップで会話や移動・攻撃が可能

アプリ版「たけしの挑戦状」の新要素

 

・スマホに合わせて16:9画面に

・新ステージ「あめりか」追加

・「ひんたぼ語検定」追加

(ひんたぼ語とは作中に登場する特殊な言語のこと)

・「ハードモード」・「無敵モード」の追加

「ハードモード」はその名の通り、敵が強くなりますがクリアすれば特別なエンディングを見ることが出来ます(課金120円でプレイ可能になる)

「無敵モード」は敵の攻撃を受けなくなるので謎解きとクリアに専念することが出来ます(課金120円でプレイ可能になる)

*「ハードモード」・「無敵モード」は2017年8月16日現在ゲーム不具合で購入不可となっています。

sponsored link

まとめ

 

以上でアプリ版「たけしの挑戦状」の料金・操作方法や新要素についてご紹介しました。

昔プレイしたことがあるけどクリアできなかった方や最近のヌルゲーに飽きを感じる人に強くおすすめしたい作品ですね。

31年の時を経て初の公式グッズも販売されるそうですよ。

興味のある方はゲームもグッズも要チェックですよ^^

Pocket

sponsored link

down

コメントする




当ブログについて

カテゴリー

ブログ作成者

海斗

海斗

2016年の末頃からブログ開設。 お仕事しつつのんびり書きたいことを書いています。



sponsored link