海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

小型ドローン「AirSelfie」で手軽に自撮り!特徴や価格を調べてみた

time 2017/03/25

小型ドローン「AirSelfie」で手軽に自撮り!特徴や価格を調べてみた
Pocket

昨今、社会の成長に合わせて様々な機器が出現しましたね。

スマートフォン(以下スマホ)は持っていない人の方が少ないくらいです。

スマホは従来のモバイルフォンに比べ画質が良いですよね。

そのため、様々な場面でスマホの写真の機能を使っていることでしょう。

自らの写真を撮る「自撮り」のために「自撮り棒」なる物が誕生するくらいです。

でも「自撮り棒」って折りたためるとはいっても少し邪魔ですよね?

それに自撮り棒には長さに限界がありますし、上手にとるのは地味に難しいですよね…

そこで皆様に面白いものを紹介したいと思います。

それは…「ドローンを使った自撮り」です。

ドローンを使って今まで以上に自由な自撮りをしてみたいと感じませんか?

そこで今回は自撮りに使える小型ドローン「AirSelfie」の特徴やお値段についてご紹介します!

小型ドローン「AirSelfie」とは?

「AirSelfie」はAirSelfie Holdingsにて開発された小型ドローンです。

5月から国内で出荷されることが決定されました。

「AirSelfie」はセルフィー(自撮り)に特化したモデルの小型ドローンです。

操作はスマホのアプリを用い、最大20mの高さから簡単に自撮りが行うことができます。

小型ドローン「AirSelfie」の特徴

個人的に気になった「AirSelfie」の特徴が3つありましたので以下でご紹介していきます

特徴①驚異の薄さ及び小ささ

「AirSelfie」67.4×94.5×10.6mmとても小型です。

これはiPhone7よりも小さい大きさで手のひらに簡単に乗ってしまうサイズです。

特徴②持っていないかと思うほどに軽い本体

「AirSelfie」重さはわずか61gとなっています。

これならば航空法の対象外になり、自由に飛ばせる範囲がぐっと広がりますね。

(バッテリーを含む200g以上の重さになると航空法の対象となります)

特徴③写真だけでなく動画も撮影できる

なんと写真だけでなく動画も撮影出来ちゃいます。

動画はフルHD(1080p/30fps)で鮮やかな動画を残せますよ。

個人的に気になった大きな特徴はこれくらいでしょうか。

個人的に気になった難点

航空法に対する重さ対策のためなのかバッテリーの持ちが約3分しかなく、バッテリーの持ちが少し悪く感じてしまいますね。

また、モードによっては操作方法がスマホの傾き方によるものであるため、慣れるまでは操作が難しいのではないでしょうか…

小型ドローン「AirSelfie」のお値段は?

専用ケースと「AirSelfie」本体セットでお値段31598円

「AirSelfie」本体と「AirSelfie」を複数回充電できるモバイルバッテリー「パワーバンク」セットでお値段32818円

「パワーバンク」単品でお値段10004円

以上が「AirSelfie」のお値段となります。ドローンにしてはかなり安価だと感じます。

sponsored link

小型ドローン「AirSelfie」まとめ

以上「AirSelfie」の特徴やお値段についてご紹介しました。

ドローンにしてはお値段も30000円と少しと安めでお得ですね。

それに、これがあれば多人数の自撮りも手軽にできますよ。

とても小さく軽いので、荷物にもならなりません。

旅行などによく行き、自撮りをとる方などにお勧めしたい1品ですね。

2017年5月ごろの発売に期待です^^

Pocket

sponsored link

down

コメントする




当ブログについて

カテゴリー

ブログ作成者

海斗

海斗

2016年の末頃からブログ開設。 お仕事しつつのんびり書きたいことを書いています。



sponsored link