海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

【PMS】イライラ・悲しくなる…生理中の女性がいつもと違う理由

time 2017/02/21

【PMS】イライラ・悲しくなる…生理中の女性がいつもと違う理由
Pocket

生理前や生理中の女性ってなんかいつもと雰囲気が違いますよね?

なんかイライラしやすかったり、すぐ泣いてしまったり…情緒不安定になっています。

その人の性格が悪いから?いえいえそんなことはありません。

生理だからちょっと調子が悪いだけなんですよ。

女性は自分の性格が悪いのか?なんて不安にならなくていいです。

男性は今日の女性怖い…性格悪いなぁ…なんて思わないでくださいね。

生理前後の女性はホルモンバランスが崩れているのです…。

 

そんな女性の様々な不調は「PMS(月経前症候群)」という症状なのです。

 

【PMS(月経前症候群)】

 

PMS(月経前症候群)はその名の通り生理(月経)の前後に起こります。

起こる時期は生理の1~2週間前で整理が始まると症状は徐々に治まっていきます

PMSが生じる原因は不明でしたが最近はホルモンバランスの崩れから生じるものではないか、という意見が増えてきています。

主な症状は以下のようなものが起こります。

【体の不調】

・腰痛が起こる

・肌荒れが起こる

・慢性的な疲れ

・頭痛

・眠気

・むくみ

等々

【心の不調】

・イライラする

・憂鬱な気持ちになる

・泣きたくなる

・ボーっとする

・孤独感を感じる

・情緒不安定になる

等々

 

どのようにすればPMSが抑えられるのか

 

【軽い運動を行う】

ストレッチやヨガ・散歩など様々な有酸素運動を行うのがおすすめです。

有酸素運動を取り入れている女性はPMSの症状が比較的軽くなる傾向があるそうです。

ちょっとした気分転換に軽い運動を行ってくださいね。

 

【食生活を改善する】

取り入れたい食品

・大豆

・ヨーグルト

・ひじき

・レバー

・チーズ

・卵

・みそ

・ナッツ類

食物繊維や鉄・ビタミンB6・ビタミンD・カルシウム・マグネシウムなどが生理前後にとると良い栄養素です。

大豆の加工食品である豆腐なども良いです。

 

避けたい食品

・お酒

・砂糖などの糖分(チョコレートなど)

・カフェイン(コーヒーなど)

・塩分の強いもの(ベーコンなど)

 

チョコレートなどの甘いものは血糖値を上昇させ、気分を落ち着かせます。

しかしその後に急激な血糖値の低下が起こるためかえって不安定な気持ちのさせてしまいます。

カフェインは精神的な不調につながる恐れがあるため避けた方がよいです。

塩分はむくみに繋がります。

どうしても甘いものが食べたくなったときは少量の摂取ならば問題はありません。

我慢のし過ぎはかえってイライラへと繋がってしまいます。

 

また、普段よりもこまめに食品摂取することをお勧めします。

ナッツ類などで軽い間食を行うとより良いです。

 

sponsored link

PMS(月経前症候群)まとめ

 

生理前、生理中の女性が普段よりイライラしてしまったり不調をきたすのは仕方ないことなのです。

女性は自分がPMSであることを理解し、PMSと向き合いましょう。

また、改善につながる食品を摂取したり、軽い運動を行うなどしてセルフケアを行いましょう。

男性は女性のPMSによる苦しみを理解してあげてください。

一方的に不満に思うのではなく、女性のサポートを行ってみましょう。

そうすればお互いに良い関係が築けると思います。

 

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




当ブログについて

カテゴリー

ブログ作成者

海斗

海斗

2016年の末頃からブログ開設。 お仕事しつつのんびり書きたいことを書いています。



sponsored link