海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

旅行の際に重い荷物を持たなくていい?ペットのようについてくるスーツケースとは

time 2017/02/17

旅行の際に重い荷物を持たなくていい?ペットのようについてくるスーツケースとは
Pocket

皆様旅行は好きですか?

海斗は旅行が好きです。

しかし旅行に行くといつも困ることが1つあります。

そう、それは重いスーツケースを持ち運ばねばならないことです。

化粧品だったり洋服だったりと荷物が多くて重いことこの上ない…。

そんな時に考えたのです、スーツケースが自分で歩いてくれればいいのに、なんて。

無理かなぁ、なんて思いながらも少し調べてみたところ…興味深い結果が。

そうです、なんとありましたよ「自動でついてくるスーツケース」が!

そこで今回は「自動でついてくるスーツケース」を3種類お伝えしちゃいます!

旅行によく行く方や移動の多いビジネスパーソンははちょっと寄り道してこの記事を読んでみてください。

もしかしたら便利すぎて即買いしてしまうかもしれませんよ!

 

エントリーナンバー1「Travelmate」

名前:「Travelmate」

こちらのスーツケースはAIが搭載されており登録されている所有者の後を自動でついてきます。

最大時速は約8km。

人間の早歩きの平均速度が5~6kmということを考えても「Travelmate」の速度は十分といえるでしょう。

またきちんと障害物も避けたりできるように内臓センサーにて人や家具などを検知します。

「Travelmate」は追従するオートモードで4時間、待機モードで100時間もの連続使用が可能だそうです。

しかも便利なことにUSBケーブルを用いて、スマホやPCの充電もできるそうです。

サイズはS/M/Lの三種類。

赤色や青色、黒色など色も様々あります。

価格は399ドル(日本円で約41000円)からだそう。

しかし残念なことにアイデアの実現などの目的のために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募るクラウディングを行っているサイト「INDIEGOGO」で資金を募るも中々うまくいかない様子です。

発想は面白くても実用には向かない位と感じる方が多いようですね。

このスーツケースはある程度安く良いものに感じますがまだ購入することは出来ません、今後に期待ですね。

エントリナンバー2:CowaRobot R1

名前:「CowaRobot R1」

此方はGPS追跡機能を搭載した専用のブレスレットの反応を感じ取って自動でついてくるようになっております。

なんと遠くにいるスーツケースを召喚することもできるそうですよ!

また、ブレスレットがカギ代わりになっており、ブレスレットから規定量以上離れた際に警告が送られてくるなどセキュリティの面でも抜群のようです。

最大時速は7kmとこちらも速度に不満はありませんね。

こちらもUSBケーブルを用いて、スマホやPCの充電もできるそうです。

サイズは約55.1cm× 約37.9cm × 約20.1cmです。

重さは約4.8kgと少々重めに感じますが…様々便利な機能の代償なのでしょうね。

色は黒・白・青・ピンクの四種類です。

初期のお値段はスーツケース本体499ドル(日本円で約5万1000円)でした。

しかし2017年2月現在購入しようとするとスーツケースのお値段は699ドルと値上がりしております。

それに送料や為替、消費税を含むと総額120,390円…中々高級品ですね。(株式会社TMネットワーク RAKUNEWでのお値段です)

ですがそのお値段でも購入しようと考える人がいるからこその、このお値段でしょう。

エントリーナンバー3:Gita

名前:「Gita」

(スーツケースとは少し異なるかもしれませんが可愛らしいのでご紹介します。)

此方のGitaは今までのスーツケースと打って変わって球体をしています。

上部に荷物を入れるための扉があり、そこから荷物を入れるシステムです。

どうやらこちらは腰に規定のベルトを着けることによって、ベルトに反応しGitaが追従する様子です。

また走行しながら様々な3Dデータを取得し、自立走行のためのデータを収集しています。

追従機能のみならず、習得し学習した3Dデータをもとに、指定された場所への自立走行も可能だそうです。

最大速度は約35kmとずば抜けたスピードを出すことが可能です。

此方の速度なら自転車への追従も可能ですね。

しかし、こちらは残念なことにまだ一般販売は行われておりません。

倉庫内の荷物の移動などの産業分野から導入を試みるそうです。

ですが工場などでの使用を重ねた後に一般への販売の可能性もあるかもしれませんね。

 

以上、「自動でついてくるスーツケース」の紹介でした。

まだ少し空想的な部分も多いかもしれませんが世界の機械の発展を見ていると皆が当たり前のように「自動でついてくるスーツケース」を用いる時代が来るかもしれませんね。

それに2番目に紹介した「CowaRobot R1」は少々お高いですが現実に購入できますよ。

スーツケースを用いた移動が多い方は購入をご一考してみてはいかがでしょうか?

海斗はGitaのデザインの可愛さに一目ぼれしてしまったので一般販売が開始されたら買ってしまうかもしれません…。

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

当ブログについて

カテゴリー

ブログ作成者

海斗

海斗

2016年の末頃からブログ開設。 お仕事しつつのんびり書きたいことを書いています。



sponsored link