海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

日常心理学:謎の多い人物がモテる理由…【ツァイガルニック効果】

time 2017/02/15

日常心理学:謎の多い人物がモテる理由…【ツァイガルニック効果】
Pocket

今回は日常で使える心理学

「ツァイガルニック効果」

についてお伝えします。

 

ゲシュタルト心理学者であるケルト・レヴィンは「達成された課題よりも、達成されなかった課題や中断している課題の方が記憶に残りやすい」と人の記憶能力について述べています。

そこで皆様質問です。

片思いをしたことはありますか?

片思いをしていたけれどその恋が実らなかった人もいるかと思います。

実らなかった恋への思いはずっと心の底に残り、消えない思いとなっているのではないでしょうか?

「相手と両想いになりたい」そんな思いを目標(課題)として持っていたのに、その思いはかなわず「未完成(未達成)」となってしまいます。

その未完成(未達成)のもの事へのいを強く持つことが「ツァイガルニック効果」と呼ばれています。

 

日常でよく見る「ツァイガルニック効果」

・テレビを見ていてる時:一番盛り上がるシーンで「続きはCMの後!」

(盛り上がりの結果が見たいのに見れない→結果を見ること(目標)が未達成である

・雑誌を読んでいる際に:この後、Aさんは衝撃の○○を見た!続きは5ページ後!

(Aさんが衝撃の何を見たのかわからない→Aさんが見た衝撃の○○が知りたい(目標)がまだわからない→目標が未完である

 

上記の例はついつい続きが気になってしまいますよね?

それは皆様「ツァイガルニック効果」のためです!

このように日常でも様々なところに「ツァイガルニック効果」は使われています。

 

恋愛における「ツァイガルニック効果」

 

「不思議ちゃん」とか「ミステリアスな人間」はモテると思いませんか?

これも「ツァイガルニック効果」のためです。

「不思議ちゃん」「ミステリアスな人間」何を考えているか、次にどんな行動をするのか想像できませんよね?

人間は相手の行動などを知りたがる欲求を持っています。

しかし、相手の行動がわからない(相手理解の未達成)のためについつい相手に興味を持ち、そのまま惹かれていくのです。

 

実は「口下手な人間」もモテるのです。

「口下手な人間」はまだ少し幼いような、擦れていないような、未完成な人間と評価されます。

未完成な人間ゆえに今後どのように成長していくのか気になってしまうのです。

気になり、成長を見守ること自体がまず相手に興味を持っている、つまり相手に惹かれている、と言えるでしょう。

 

またデートの去り際でも「ツァイガルニック効果」は関係します。

まだまだ話したいときでもきれいに話を切り上げて去るのが大切です。

そうすることによって相手はもっと話をしたい!という未完成の思いを持つのです。

またその思いからあなたに深く興味を持つことになります。

 

最後に

さて、今回は「ツァイガルニック効果」についてお伝えしました。

理解はしていても中々活用しにくい面も多いかもしれませんね。

現実で使う際はタイミングや相手をよく考えないと大変なことになってしまいます。

不思議すぎて理解できなさ過ぎるために理解をあきらめてしまい、相手の心が離れてしまう可能性もあります。

よく考えて活用してくださいね。

上手く使えば恋愛も日常生活も上手くいきますよ!

 

 

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

ブログ作成者

海斗

海斗

2016年の末頃からブログ開設。 お仕事しつつのんびり書きたいことを書いています。



sponsored link