海斗の手控え

日々気になった事柄について書いていきたいと思います

無課金でも大丈夫?ダウト~嘘つき男は誰~のプレイ感想

time 2017/01/25

無課金でも大丈夫?ダウト~嘘つき男は誰~のプレイ感想
Pocket

さて今回はVoltageから提供されているアプリゲーム
「ダウト~嘘つき男は誰?~」

についてのプレイ感想をお伝えしていきたいと思います。

まず「ダウト~嘘つき男は誰?~」     基本説明

ジャンル:恋愛ドラマアプリ
価格:基本プレイ無料(アイテム課金制)
推奨環境 : iOS7.1~ / Android4.0~

どんなストーリー?あなたは嘘つき男の中からたった一人の真実のオトコを見つけられる?

こちらvoltageさんからの煽り文句としては、

あなたはオトコを見る目がある?
浮気していた彼氏を振って婚活パーティに参加したあなた
10人ものイケメンからアプローチを受けて久々のモテ期到来♡
けれど謎の占い師から

「10人のうち9人は嘘つきオトコ」

というお告げを受け…

9人の嘘つきダメ男をダウトして、理想のオトコを手に入れろ

とあります。

 

 

 

 

鬼島はこの煽りだけで

「どんな駄目オトコがいるんだ!!」

と期待感MAXでした^^

どんなダメ男がいるの?

まずこちらのゲーム、
キャラクター全員がそれぞれ種類の違うイケメンなのです^^

しかし…皆様少し難ありオトコばかり…

ほんの一例ですが

DVオトコ
ヒモオトコ
ストーカーオトコ
浮気オトコ
マザコン
アイドルオタク
不倫オトコ
等々…

イケメンだからって許されると思うなよ…

そう思いながら男たちをダウトしていきましょう!!

ストーリの進め方は?

基本的な進め方はチケットを使ってストーリーを読み進めるノベル方式です。
*チケットは毎日5時に5枚無料支給されます

ゲーム内容としては

sponsored link

step1:調査パート
step2:ダウトパート

に分かれております。

・step1:調査パート

こちらでは様々なところを調査し、男のウソを暴くための証拠を手に入れます

・step2:ダウトパート

こちらでは調査した結果、明らかになった証拠オトコに突き付けオトコをダウトします


因みにチャプター毎のエンディングは突き付ける証拠や最後に至るまでの選択肢によって
変化するマルチエンディングが採用されています。
上手く選ばないともっとも良いエンディングには到達できません。
(ダウトパート等での評価によってエンディングが変化します。)

調査パートをもう少し詳しく

チャプター開始時にダウトの標的が数名に絞られます。
物語を進めていきつつゲーム内のアプリ「FIND FRIEND」を使ったり、相手のカバンを探ったり、相手との会話の最中、等々、ダウト相手の不審な行動の証拠を手に入れます。

FIND FRIEND画面

無課金でできるの?

 

はい、全10チャプタークリアだけならできます!

どういうことかというと、このゲームには早期クリアボーナスというものがあります。
一番良いエンディングTRUE ENDを見るにはこちらの早期クリアボーナスが欠かせません。
前半のチャプターは話数が少なく、無料配布チケットのみで早期クリアボーナスを目指せます。
しかし後半チャプターである9や10になると話数が多くなり無料配布チケットだけではどうしても早期クリアボーナスを得ることはできません……
その結果どうしても評価が足らず2番目に良いエンディングしか見れないのです…

なので無課金の場合クリアは出来るけれどTRUE ENDは見ることは基本出来ません。

しかしまれに無料配布プラスαでチケットが無料でもらえることがあります。
これを貯めていけば何とか全チャプターTRUE ENDが見られるはずです。
*意図的に貯めないと全チャプターTRUE ENDはかなり難しいと思われます…

なので鬼島は全10チャプタークリアだけならできます!と言わせていただきました。
さらっと行うだけならクリアは出来ます、エンディングコンプリートは少し大変です。

ゲームをプレイした感想

個人的には無課金でも楽しめると感じました。

キャラクターも個性豊かでとても楽しかったですよ^^
鬼島はこのダウトは全クリしましたので、現在は
続編である「オフィスは男女のウソだらけ」をプレイ中です。
こちらはまだクリアしていませんが続きが気になるストーリーとなっているので
今後もプレイしていきたいと思います^^

皆様も興味があればぜひ、

「ダウト~嘘つき男は誰?~」

をプレイしてみてくださいね^^

Pocket

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

ブログ作成者

海斗

海斗

2016年の末頃からブログ開設。 お仕事しつつのんびり書きたいことを書いています。



sponsored link